忍者ブログ

静岡青司協ブログ(司法書士の青年会)

静岡県青年司法書士協議会のブログですよ。興味のある方は、ぜひ活動にご参加ください。

青司協だより 5月号

皆さんこんにちは。
今週末は静岡県司法書士会の定時総会ですね。
さて、毎月静岡県司法書士会で発行している「本会通信」には、
青司協からのお知らせとして「青司協だより」が投稿されております。
 記事の内容は以下のとおりです。


青司協だより「全青司代表者会議に参加して」

杉本直人

 

 全国青年司法書士協議会(以下「全青司」)では、毎年4回各地の青年会代表者が集合し、代表者会議というものを開催しています。

 4月20日、21日の二日間に亘り今年度初の代表者会議が東京で開催され、静岡の代表者として参加してきましたので、全青司の活動の紹介も兼ねてご報告させて頂きます。

 

 代表者会議のねらいは、全青司の活動を各単位会に周知することと、各代表者間の交流・情報交換にあります。

 全青司の活動の報告の合間に代表者同士のディスカッションの時間があったり、最新のテーマの研修の時間があったりと、内容は大変充実しています。

 今回の会議の内容を一部ご紹介致します。

 ・代表者タイム(自己紹介を兼ねたワークショップ)

 ・講演「全国一斉同性婚訴訟」 講師:前園進也弁護士

 ・報告 司法書士法改正について

 ・報告 破産者マップへの対応   など

 今回特に印象的だったのは、司法書士法改正についての報告でした。

 現在国会で審議されている司法書士法改正案について、全青司の行ったロビー活動が報告され、参議院法務委員会での審議の様子が動画で紹介されました。法務委員会での審議では、仁比聡平議員から法務大臣への質問の中で、司法書士の行っている人権擁護活動として、全青司の児童養護施設での法律教室や労働110番、生活保護110番といった様々な活動が紹介されました。法務大臣も仁比議員の発言に終始うなずいておられ、司法書士の活動を承知し高く評価されている様子でした。今回の改正の目玉は使命規定の創設ですが、この改正がこれまで司法書士の行ってきた人権擁護活動の実績が高く評価されてのことと分かり、大変感慨深かったです。日々の司法書士活動の中で生活困窮者の支援をすることがありますが、たまにどこまでやるべきか線引きが分からなくなり、躊躇することがあります。しかし、使命規定の創設が司法書士のこれまでの実績への評価と今後の活動への期待の表れであると思うと、これまで以上に前向きに取り組めるような気がしました。

 会議の内容を全て報告することは出来ませんが、全青司では、今年度も数多くの催しが企画されています。例えば、民法改正に関する合宿や辺野古基地問題を考えるフィールドワークなどがあります。

 全青司は意識の高い司法書士と交流し、自分を高めるのに最適な場所だと思いますので、興味の沸くテーマなどありましたら、ぜひ静岡の青司協や全青司の活動を覗きにきてみて下さい。

PR

コメント

プロフィール

HN:
静岡青司協
性別:
非公開

P R